横浜でお酒買取をしてくれる業者

横浜に住んでる人におすすめしたい お酒買い取り業者を紹介しています!

お酒買い取り業者を選ぶ

横浜のお酒買取ステップ1:『査定申し込み』

お酒の買取サービスの利用は、まず業者に対して査定を申し込むところからスタートします。

査定方法は買取業者によって若干異なります。
ここでは、ほぼ全ての業者さんが採用している4つの査定方法について説明していきましょう。

LINE査定

スマホアプリのLINEでもお酒の査定を申し込むことが可能です。

「LINE査定」は、まずLINE査定を採用している業者さんを“友だち”へと追加します。
売りたいお酒をスマホで撮影し、それをLINEで買取業者へと送ると、写真を元に査定した結果を返信してくれます。

これで、お手持ちのお酒のおおまかな価値を知ることができますよ。

電話査定

スマートフォンやLINEを利用していない方に人気の査定方法が「電話査定」です。

まず、買取業者へと電話をかけます。口頭で売りたいお酒の情報を伝えると、その場で大体の価値や査定金額を教えてくれます。

写真などをチェックできないぶん正確性に欠けると言われていますが、状態なども丁寧に伝えれば問題ないでしょう。

オンライン査定

パソコン利用者におすすめなのが「オンライン査定」です。
“ネット査定”や“WEB査定”としている業者もあります。

お酒の買取サービスを行っている業者のホームページを見てみましょう。
「オンライン査定」などと書いてあるところがあるので、そこから査定の申し込みを行ってください。

専用フォームが用意されており、そこに必要な情報を入力します。
多くの業者がお酒の写真をアップロードできる仕様になっていますよ。
スマホやデジカメで撮影した写真をアップすることで、より正確に査定額を見積もってもらうことが可能です。

FAX査定

スマホやパソコンの扱いに慣れておらず、電話も面倒だという方は「FAX査定」を利用してみましょう。

文字通り、FAXによってお酒の情報を業者へと送り、査定してもらう方法です。
専用の申込書などに必要事項を記入して送信するのが一般的ですね。

24時間いつでもFAXを送れる業者さんが多いので、忙しい方にもおすすめです。

横浜のお酒買取ステップ2:『買取申し込み』

査定が終了したら、次はいよいよ買取の申し込みを行います。
ここでは、3つの買取方法について紹介していきます。

店頭買取

「店頭買取」は、買取を行っている店舗やオフィスを持つ業者へと直接お酒を持ち込み、買い取ってもらう方法です。

多くの業者では事前に査定を行い、来店予約を入れ、お酒を店舗などに持って行きます。
その場で本査定を行い、双方が納得すれば即買取成立です。

例えば、私のように横浜駅周辺ならファイブニーズという店舗があります。

横浜駅から徒歩2分という好立地に店舗も構えており、
横浜周辺に出かけたついでに、お酒を売りに来ました!なんていうお客様も少なくありません。
引用元HP:神奈川横浜店 – お酒買取専門店ファイブニーズ

メリットは、業者のスタッフと直接やりとりができる点ですね。
金額交渉もしやすいですし、お酒の情報も改めて知ることができるでしょう。

デメリットは、お酒の本数や量が多いと、持っていくのに手間がかかる点です。
駐車場が必ずある業者ばかりではありませんし、駅から少し歩く店舗もあります。

男性でも数本持ち込むのがやっとではないでしょうか。

宅配買取

お酒を宅配で買取業者へと送り、買い取ってもらう方法が「宅配買取」です。
自宅の近くにお酒買取業者が存在していないケースや、査定額の高い業者が離れた地域にある場合に利用すると便利でしょう。

事前に仮査定を行い、宅配買取の予約を入れたあと、売りたいお酒を段ボールなどに詰め必要な書類などと一緒に送ります。

荷物が届き次第、業者が本査定を行い、買取金額の連絡をくれます。
その金額に納得すれば買取成立です。

業者によっては専用の“宅配キット”を用意してくれていますよ。
それを利用すれば安全に送ることができるはずです。

自分のタイミングで送ることができますし、自宅から出なくても買取サービスが利用できる点がメリットですね。

ただ、本数が多いと梱包などに少し手間がかかってしまう点がデメリットとなります。
また、業者のスタッフと対面でやりとりできないため、交渉などは店頭買取に比べると難しくなるでしょう。

出張買取

「出張買取」は、自宅などにお酒買取業者のスタッフが来て買取を行ってくれる方法です。

お酒を売りたい業者へと連絡を入れ、都合のいい日時などを伝えましょう。
出張買取の予約を入れると、当日、約束した時間にスタッフが家まで来てくれます。
その場でお酒の本査定を行い、金額等に納得すれば買取成立です。

自宅にいたままでよく、しかも対面式なので交渉などもしやすいのが出張買取のメリットです。
梱包などの手間もいりません。

業者によって出張可能エリアが決まっています。
売りたい業者が遠くにある場合には、出張してもらえないケースもあるので注意したいところです。

横浜のお酒買取ステップ3:『代金支払い』

お酒を買い取ってもらったら、お金を受け取りましょう。
これによって買取作業のすべてが終了となります。

代金に関してですが、仮査定額をそのまま全額受け取れるとは限りません。
LINE査定や電話査定などはあくまでも仮査定です。

実際に受け取れる金額はお酒の現物をチェックしてもらった上で提示された本査定によって決まります。

本査定額と支払ってもらった金額が同じかどうかを、必ずチェックしてください。

お酒の代金の入金時期は買取方法によって違う

この代金支払いのステップですが、選んだ買取方法によってお金の受け取り方も異なってきます。

代金の支払い方法も考慮しながら買取方法を選ぶと、より満足のいくお酒買取サービスが受けられるかもしれません。

店頭買取や出張買取のように、対面式で本査定・買取作業を行う方法の場合には、その場で現金によって買取代金を受け取ることが可能です。

即現金化できる点は、店頭買取や出張買取のメリットですね。

一方、宅配買取の場合には、銀行口座へ振り込んでもらう形となります。
口座は、もちろんお酒を売った側が指定できますよ。

即日対応の業者が多いですが、振込に数日かかる業者もあります。
店頭・出張買取と比べると、入金時期が少し遅くなる点は頭に入れておきましょう。

ちなみに、店頭買取でも口座振込による支払いを選択することが可能です。
現金をあまり持ち歩きたくない人は、店頭買取の際にスタッフへと相談してください。

指定の口座に振り込んでもらえるはずです。

初めてのお酒の査定・買取でよくある質問

お酒の買取サービスは、利用してみればとても簡単で、手間もほとんどかかりません。
それでも疑問や不安な点はありますよね。

初心者が初めてのお酒の査定&買取で疑問や不安に思う点について答えていきます。
利用前にチェックしておきましょう。

お酒の査定金額に納得いかなかった場合は?

もし買取業者の出してきた査定金額に納得がいかなければ、買取をキャンセルしても構いません。

店頭買取の場合には、そのままお酒を持ち帰ることが可能です。
宅配買取の場合、キャンセルすることでお酒を送り返してもらうことができます。

出張買取においても、もちろん買取をキャンセルしても問題ありませんよ。

お酒を買い取ってもらう際に必要なものは?

売りたいお酒以外では、身分証明書が必要になります。
これは、古物営業法という法律によって決められています。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード

以上のような身分証明書を持っていくか、もしくは提示してください。

振込によって入金してもらう場合には、口座情報も必要になります。
事前に用意しておきましょう。

お酒の査定と買取で手数料がかかる事はある?

ほとんどの業者は、お酒の査定と買取の手数料はかかりません。

一部業者では、宅配買取の送料やキャンセル料を徴収しているところもあります。
利用前に確認しておきましょう。

お酒の出張買取を利用する場合、家の中に上げないとダメ?

出張買取で心配なのが、初対面の人を家に入れなければいけないのか、という点ですよね。

必ずしも家の中に上げる必要はありません。
玄関先で査定と買取作業を行ってくれるので、安心しましょう。

また、オフィスや倉庫、ガレージなど自宅以外の場所に出張してもらうことも可能です。

お酒の買取サービスに詐欺は無い?

お酒の買取サービスで詐欺被害に遭ったという話は聞きません。

ホームページなどが用意されている業者であれば大丈夫でしょう。
もし詐欺的な行為を働けば、その業者は一瞬で信用を失ってしまいます。
そのようなことをする業者はほとんどないので、安心して利用してください。

お酒の買取サービス利用は保護者の許可があれば未成年でも可能?

保護者の許可とともに、保護者に記入してもらう同意書が必要になります。

お酒をお店へと持ち込むなどした場合、スタッフが保護者へと連絡を入れます。
そこで「許可を出した」、「同意書を書いた」などの確認が取れれば、買取を成立させることが可能です。