お酒を買取る業者には免許や資格が必要?お酒に関する資格について

お酒の買取だけなら免許・資格は必要ない

お酒を売る側の立場としては、お酒の買取業者がちゃんとしたところなのかは気になるところですよね。
そもそも、お酒の買取には特別な免許や資格が必要なのでしょうか。

お酒を買取行為自体には、免許や資格は必要ありません。

少し知識のある人だと、「古物商許可が必要なのではないか」と考える人もいるでしょう。
しかし、これもお酒の買取のみであれば必要ないのが現状です。

古物商許可(神奈川県)が必要な古物品の中に、お酒などが含まれていないためですね。

古いお酒や希少価値の高いお酒に関しても、古物商許可を取得することなく買い取ることが可能となっています。

お酒の販売に必要な免許『酒類免許』

お酒の買取には免許や資格、許可などは必要ありません。
しかし買い取ったお酒を販売するとなると、特別な免許が必要になってきます。

『酒類免許』と呼ばれるものですね。
この酒類免許というのは、いくつか存在しているお酒の販売に関する免許の総称です。

例えば、「酒類卸売免許」というものがあります。
これは酒屋さんなどにお酒を卸す業務を担う業者が持っていなければならない免許です。

一般の消費者に対してお酒を販売するのに必要なのは「酒類小売業免許」です。
こちらは、店舗でお酒の販売が可能な「一般酒類小売業免許」や、通販でお酒を販売するときに必要となる「通信販売酒類小売業免許」などに分類できます。

注意したいのは、お酒買取業者を営む人だけではありません。
『酒類免許』は、こうした業者にお酒を売る一般の人にも関わってきます。

不要になったお酒を買取に出す行為も、お酒の販売行為とみなされます。
そのため、継続してお酒を買取に出す場合には、『酒類免許』が必要になることがあるんです。

お酒は小分けではなく、まとめて売りましょう。

たまに売る程度であれば、免許不要でお酒を処分することができますよ。

お酒に関する資格を持っている業者の方が安心

お酒には、販売に関する免許以外にも、様々な資格が存在しています。

お酒を売ろうと考えたとき、お酒の資格を持っているスタッフが在籍する買取業者の方が安心感が強いですよね。

資格があるということは、専門知識を持っているということです。
専門知識があれば、適当に査定されてしまうこともありません。
どんな希少なお酒でもしっかりと鑑定&査定し、正しい金額で買い取ってもらうことができるでしょう。

例えばですが、有名なお酒買取業者の「ファイブニーズ」には、現役のソムリエが在籍しています。
こうした業者にお酒を持ち込むと、査定結果に間違いが起こりません。
正確な鑑定や査定をしてもらえるので、損をしてしまうこともありませんよ。

お酒を買取に出す際には、お酒に関する資格を持っているスタッフのいる業者を優先的に選びましょう。
安心してお任せできるはずです。

お酒に関する資格の種類

お酒に関する資格には、実はいろんな種類が存在しています。
その一部を紹介しましょう。

お酒買取業者を選ぶ際に、紹介する資格を持っているスタッフがいるかどうか確認してみるのもいいかもしれません。

日本酒に関する資格

日本酒にまつわる資格として有名なものに『きき酒師』があります。

これはすでに3万人以上が取得している資格で、日本酒だけではなく、お酒全般に関する知識やサービスなどが身に付けられるものとなっています。
お酒販売業はもちろん、飲食系店舗の店員にも欠かせない資格となるでしょう。

通信プログラムや夜間通学コースのほか、2日間という短期間で資格獲得が可能なプログラムも用意されています。
とはいえ、事前学習は欠かせません。
資格取得のためには、それなりの知識や経験が必要です。

焼酎に関する資格

焼酎には『焼酎きき酒師』という資格が存在しています。
日本酒の「きき酒師」の焼酎版と考えるといいでしょう。

やはり焼酎に関する知識だけではなく、食品やお酒全般の基本的な知識が必要です。
当然ながら焼酎のテイスティング力も求められます。

『焼酎きき酒師』の在籍している買取業者と出会えれば、安心して買取依頼をすることができるでしょう。

「きき酒師」と同じく、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が認定している資格となります。

ウイスキーに関する資格

ウイスキーには、『ウイスキー検定』という資格があります。

1級、2級、3級のほか、ジャパニーズウイスキーについての知識を必要とする“JW級”や、シングルモルトウイスキーに関する“SM級”など、いくつもの資格が用意されています。

検定合格のためのハードルは比較的低く、一般の人でもウイスキーに興味があれば取得は難しくないでしょう。

よりウイスキーの専門知識を磨きたい人のために『ウイスキーコニサー資格認定試験』という資格も存在しています。

こちらはマスター・オブ・ウイスキー、ウイスキープロフェッショナル、ウイスキーエキスパートの3つに分類されており、比較的レベルが高くなっていますね。ウイスキーの専門家に必須の資格と言ってもいいでしょう。

ワインに関する資格

ワイン関連の資格と言えば『ソムリエ』です。
ヨーロッパでは国家資格になるほどで、お酒の資格の中でも難度やステータスが高いことでも知られています。

日本ソムリエ協会が認定しているソムリエ資格は、そもそもお酒を提供する飲食店で一定年数以上働いていなければ受験資格が得られないなど、ハードルが高く設定されています。

筆記、テイスティング、実技といくつもの試験をパスしなければなりません。
知識と技術がなければ取得は難しいでしょう。

【ワインソムリエの資格に興味があるなら!】


ビールに関する資格

ビールに関する資格では、『ビアテイスター』がよく知られています。

セミナーへの参加から認定試験の受験まで1日で済ませることが可能です。
最短で1日で取得することができる、比較的手軽な資格となっています。

他にも、ビールの知識があると認められる『日本ビール検定』や、ビールの飲み方や料理との相性などの知識を持った人に与えられる『ビアアドバイザー』などの資格も存在しています。

カクテルに関する資格

カクテルといえばバーテンダーですよね。
日本バーテンダー協会は、『バーテンダー呼称技能認定試験』や『インターナショナル・バーテンダー呼称技能認定試験』を実施しています。

バーテンダーに必要な基礎知識はもちろん、衛生管理など飲食店で働く上で必要な知識なども求められる資格です。

もう少し手軽に取得できる資格には、日本安全食料料理協会が実施する『カクテルソムリエ』や、日本インストラクター技術協会が実施する『カクテルコンシェルジュ』などもあります。

テキーラに関する資格

『テキーラ・マエストロ』は、日本テキーラ協会が実施・認定している資格の一つです。

チャプター1からチャプター4までの講座が実施されており、その後、筆記とテイスティングの試験が行われます。
合格すると『テキーラ・マエストロ』と認定される流れです。

その上位資格として、『グラン・マエストロ・デ・テキーラ』という資格も用意されていますよ。

その他のお酒に関する資格

他にも、お酒に関連した資格はまだまだあります。

日本ラム協会の実施する『ラム・コンシェルジュ』や、中国酒類飲料研究会が認定している『中国酒類鑑定士』などは、それぞれのお酒の専門知識を有していることが認められる資格となっています。

一般の人向けの資格としては、『ワインナビゲーター』や『日本酒・焼酎ナビゲーター』などがあります。

『カクテルアナリスト』は、本格的なカクテルが学べ、バーの開業などにも役立つ資格となるでしょう。

コメントを残す